塾講師ってどんな仕事?その内情に迫る!!


塾講師について


日本の学歴社会は終わる気配がありません。きちんとした教育を受けたと判断された人から上流の社会へと登っていく現象は、今後も続いていくことでしょう。学校だけの勉強では受験戦争を勝ち抜くのは難しいです。そのために必要とされているのが塾講師の存在です。塾講師の仕事とはどのようなものなのでしょうか。

塾講師の指導形態は2つに分かれます。集団指導は大勢の生徒を塾講師一人で束ねて授業を行います。個別指導はその逆で、少数の生徒を相手にするため、より親密な指導内容を求められることが多いです。塾講師の仕事はこのような授業以外にも沢山あります。

たとえば、授業の下準備を前もってしておかなければいけません。担任制であれば年間のスケジュールを組んでいる場合もありますが、どのみち、きちんと授業が進められているか確認しなくてはいけません。また、授業そのもの以外にも、それに関連した項目を調べておく必要があります。なぜなら、生徒が質問してくる可能性もあるからです。授業内容をしっかり理解しているか確認するために宿題を出すこともあります。その答えが出るまでの過程を確認するためにその宿題を提出してもらい、授業後の時間を使って添削をするというのも塾講師の仕事のうちに入ります。

塾講師は親と子どもの期待を背負う非常に責任のある仕事です。しかし、それだけやりがいのある仕事だということが出来るでしょう。塾講師についての魅力が伝わる記事を作成しましたので、最後までお付き合いください。


【管理人おすすめリンク】
勉強を教える職業では、マンツーマン指導が特徴の家庭教師も必要とされる存在です。塾講師以外に家庭教師の体験もしてみたい方は、こちらのサイトをお役立てください →→ 家庭教師の体験